teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


昨晩のNHKスペシャル

 投稿者:kn.  投稿日:2017年 8月16日(水)22時52分50秒
   http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170815
「戦慄の記録 インパール」↑を観ました。師団長付きの方の証言がとても痛々しくて、たまらなかったですね。

 同じ言葉で検索すると、数年前にも同じテーマの番組が複数あるようでした。そのうちの一つは↓にありますが、こちらに紹介されている証言も、痛ましい事実がたくさん聞くことができます。
 http://www.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/special/vol6.html

また、「原爆死~ヒロシマ72年目の真実~」も、データーの解析の凄さが際立っているように感じました。

 http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170806



 
 
 

「核兵器廃絶もとめる署名」を

 投稿者:kn...  投稿日:2017年 8月11日(金)22時38分22秒
編集済
   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170811/k10011097091000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

 高校生が集め21万4千3百人に上ったーというニュースを観て、「リア充」(意味充分に解らずに記述)リアルに充足していると思いました。

 シルバー(私?)も頑張らなければね。
 

見ていただいてありがとう

 投稿者:きょう  投稿日:2017年 8月 9日(水)12時10分10秒
編集済
  「ソプラノとアルト」?なんだっけ、、、って鈍感な私ですみません。
妹の義母が、「ソプラノのお友達」と言ってましたね。
義母は、あのまま、穏やかな優しい方です。
これからも静かな日々が長く続いて欲しいと思います。
この取材の影響か、最近ちょっと日付やらの混乱が激しいと、妹夫婦が心配してました。
昔の悲しいことを思い出す事は大変なことですね、大きなトラウマなのでしょう。

下は、被爆体験を20年ほど前に手記にしていて(その時私達も読ませてもらってるのですが)、それをネットにも上げておいたのですが、今回、皆さんにも読んでいただいて良いと、義弟から承諾をもらったので、よかったら、、、
http://music.geocities.jp/dancing_miyu/sueko-san/sueko-san01.html

今日は長崎。
沖縄、広島、長崎、そして15日まで、その間にも沢山の人達が亡くなりましたね。


「リヤ充」
自分では使いませんが、知ってましたよ。
リアルな生活が充実している、とか。
 

ソプラノとアルト

 投稿者:パコ  投稿日:2017年 8月 9日(水)07時24分46秒
  NHKスペシャルを見ました。気品のある語り口で級友を回想する姿が印象的でした。  

ハイ、全く知りませんでした。

 投稿者:  投稿日:2017年 8月 7日(月)05時38分59秒
  読み方は分かったものの、意味は不明?
調べると、2ちゃんねるから発祥したインターネットスラグのギャル語とあり、2ちゃんねるが母ちゃんというのが、何ともです......。

回答者は、オタ充の☆でした。
 

「リア充」って知ってた?

 投稿者:尼ヶ淵是閑  投稿日:2017年 8月 6日(日)22時38分33秒
編集済
  今日、食堂でとんかつ定食を食いながら週刊誌を読んでいたら
こういう言葉が今、ネット社会でよく使われているんだって。
正直言って、おれは知らなかった。君たちは?
ネットで調べる前に、今この瞬間に知っているか知らなかったか
それをまず正直に聞かせてもらいたい。
 

いまごろの時季

 投稿者:kn...  投稿日:2017年 8月 3日(木)17時30分4秒
   片づけられないものをご子息に全部お願いしておくのも、大変かもしれませんが良いことかも。

 私の家では月遅れのお盆が近づき、ちょっとお掃除の真似事などせざるを得なくなって、ふと気づくと戸棚にしまいっ放しにしてある両親たちの写真に目が行きお掃除が中断してしまうのは毎年のこと。

 今一番困っているのが翻訳の古い文学全集、美術書、その他全集もの。
その道のプロに任せれば直ぐに処分が可能なのは知っていても、決断が付かず一日延ばしです。 衣類などは割と早く楽に処分ができたのに、いまだにそのほか処分できない生活用品が一部屋占領していてこちらも頭痛の種が居座ったままです。 そろそろ重い腰をあげて不燃物の袋に投入せねば・・・。

 やはり署名は自筆でのものが良いと思います。
 
 

我が家も同じ。

 投稿者:きょう  投稿日:2017年 8月 3日(木)13時51分57秒
  諸々の整理の中で、父に母に、時には祖父母に、また時には亡くなった妹に、聞きたい事話したい事が出てくるのですが、もう何も聞けず話せず。
昨日は、祖父が娘婿(我が父)に宛てた手紙が出てきて、これはこれで捨てがたく、でも捨てなければどうしようもなく。
今はもう、ゆっくりゆっくり、長い年月を想いながら、みんなの顔を思い出しながら、私が生きてるうちに全部片付かなくてもいいかなぁ、などど思ってます。
私が死んだら残りは息子に全部まとめて処分してもらおう、などども。
息子が大変かな?

ネットからの署名って、どれほど有効なんでしょうか。
以前「9条をノーベル平和賞に」という署名に参加しましたが、効果はどうなんでしょう。
なるべく個人情報は書きたくないですしね。
 

オンライン署名

 投稿者:kn.  投稿日:2017年 8月 1日(火)22時22分36秒
編集済
   我が家で当時の事を語ってくれる者達は、数年前に去り、残していった諸々の整理を私だけが受け持つ羽目 になっています。 自分もそれほど遠くないところにまで来ているというのに。 余りの長命もどうかなと
 当時は思ったものでしたが。

「核兵器全面禁止のアピール」オンライン署名というウェッブサイトがありますね。
 

8月6日21時からの「NHKスペシャル」

 投稿者:きょう  投稿日:2017年 7月30日(日)23時14分52秒
編集済
  http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170806
この時間ご在宅ならばぜひ見てください。m(_ _)m
妹の義母、出演はちょっとでしょうけれど、広島原爆の被害者として証言しているそうです。
72年間気になっていた事が、今回、NHK広島からの取材を受けた中でやっとハッキリ分かって、義母はホッとしているみたい、という義弟の話を聞いて、哀しいような良かったねなのか、何とも。
「とても仲良しだったお友達がいて、多分この時亡くなったんだろうと思っていたけれど、彼女の家族も皆亡くなってしまっているから確かめようがなく、どこで亡くなったのかも苦しんだのかどうだったのかも、何も分からないままこの歳になってしまった。でも、今、やっと分かったわ。講堂の中で、爆風で破壊された建物の下敷きになって亡くなったそうよ。」と、妹夫婦に話したそうです。
朝、朝礼が終わって、それぞれの作業所に向かおうとした時がちょうどその時。
義母の列は講堂から出たところ、仲の良かったお友達の列はまだ講堂の中、校庭にはもう列を作って歩いていく友達。
その後の大変な経験を、義母は手記にしていて、私達は読ませてもらってます。
 

同邦人・・

 投稿者:パコ  投稿日:2017年 7月27日(木)17時53分42秒
  明日もママンは生きている・・。バルバラ通信をバトンタッチしたい気分。
 

取り敢えず?...

 投稿者:  投稿日:2017年 7月27日(木)06時09分55秒
  お悔やみ申し上げます。

ところで、確かに信州では小中高とクラス替えが行われず、周りは卒業までずっと同じ面々でした。
連れ合いに聞くと、この県では1年か2年毎にクラスが替わったらしく、どうも信州が少数派かも?

これは教育県の素晴らしい方針によるものなのか、はたまた、単に教師の負担を減らす事を目的としたものか?
毎年4月にクラスが再編されると、内気な生徒は余分な精神的負担を強いられ、一方、その方が物珍しく、違う世界が見えた可能性も。

今になってみると、クラスと授業編成の異なる高は別として、小中はクラス替えがあった方が絶対に面白かったような気がします。

 

後日談、ちょっといいかな?

 投稿者:尼ヶ淵是閑  投稿日:2017年 7月27日(木)00時30分39秒
  連載「春宵一刻 富豪の夢」を打ち切って3週間、Barbaraから久しぶりにメールが来た。
「あなたからの最後のメール以来、長い間お返事しなくてごめんなさい。
 実はあの後、私は肺がんの手術を受けて、それがどうやらうまくいったみたいなのです。
 私はおととい、その手術の間のメールをチェックして
 愛するあなたから幾通かメールをいただいていたことを知りました。
 お母さまがお亡くなりになったとのこと、心よりお悔やみ申し上げます。
 あなたといろんなことをお話ししている間に私より先に神の元に行かれたのですね。
 あなたは直近のメールで今はもう私の計画に協力する余裕は無いと書いていますが
 生きる希望が生まれた今、あなたの声が聞きたいです。
 なるべく早く電話かメールをください」

誤解を招くといけないのではっきりさせておくが、おれはあの女とはきっぱり別れたのだよ。
あの連載の筆を折るにあたっておれは何ひとつやましいことはなかったのだが
この種の手合いに逆恨みされるのも嫌だし怖いし、
そうは言っても生ごみを捨てるようでも後ろ髪をひかれるしと言うわけで
縁切り状の文面には無い知恵を絞った挙句
学生時代に愛読したカミユの「異邦人」の冒頭をなぞって
「きのうママンが死んだ。もう今の俺はあなたのことを構ってあげる余裕はない」
そう書き送ってこの短い夢の物語を終わりとしたのだった。
 

同級会

 投稿者:尼ヶ淵是閑  投稿日:2017年 7月26日(水)06時28分28秒
  おれもそう思うけれど、ネットで「同級会 方言」を検索すると色々出てくる。
たとえばこんなのも。
信州の小中学校は昔はクラス替えがほとんど無かったという根拠が多いね。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1257436207318.html

 

そんな筈は...アリマセン

 投稿者:  投稿日:2017年 7月25日(火)12時03分57秒
  数年ぶりに開いた広辞苑には、同級に会こそついていないものの、同級の②に、同じ学級..とあり、事例として同級生とある、余りに当たり前過ぎて、③として同級会までは掲載しなかったに過ぎないのでは?

ネットで検索すると、腐るほど同級会とその本来の意味が出るので、とても長野の方言とは思えません。




 

「同級会」って長野の方言?

 投稿者:尼ヶ淵是閑  投稿日:2017年 7月25日(火)02時37分49秒
  きのう初めて聞いた。
その友人も長野県出身だけれど、県外に出て初めて言われたという。
「本当かよ」と聞き返したら「広辞苑に載ってないよ」と言った。
確かに載ってない。
ホントかよ?
 

岩村田祇園祭

 投稿者:ToMo  投稿日:2017年 7月17日(月)23時17分33秒
  暑い日が続いていますね。昨日・一昨日は岩村田の祇園祭でした。現在岩村田に大きな神輿は3基あるらしいのですが、本来の1基は普段若宮神社に格納されています。祇園祭の初日に街を巡行し荒宿にある里宮に遷ります。(我が家の隣の円満寺から坂を下って、四辻になる手前です。)翌日午後、街を巡行した後再び荒宿に戻り、たっぷりと練り歩いた後で夕刻若宮神社へ戻っていきます。町内には子供神輿も30数基ありますが、荒宿には宮型神輿2基と樽神輿2基があります。荒宿の子供神輿だけが、本来の神輿に付き従う権利と義務を持っています。そんなわけで、祭礼の寄付の8割は荒宿の住民が分担しています。
 

アルプスの3大名花

 投稿者:ToMo  投稿日:2017年 7月16日(日)23時13分0秒
  として知られている花を撮ってきました。
 エンツィアン(ゲンツィアナ・コキアナ)、和名をチャボリンドウという花長5cmほどの花です。場所によって藤色、紫、濃紺などの花色があります。コキアナとよく似たクルーシイという種類もあります。保護指定植物です。(写真は野生のもの。)
 アルペン・ローゼ。アルプスの薔薇という名前を信じて探すと全く別の花、高嶺薔薇などをそれと思い込んでしまうかもしれません。ツツジ科のロドデンドロン・フェルジネウムという花が、なぜかアルペン・ローゼと呼ばれています。これも保護指定植物です。(写真は野生のもの。)
 エーデルワイス。ドイツ語で高貴な白という意味だそうです。学名はLeontopodium Alpinum。「Leon(ライオン)とPodium(足)」から成るギリシャ語の言葉で、花冠の形がライオンの足の形に似ていることから名付けられたそうです。レオンとポディウム、Leontopodium……。もちろんこれも保護指定植物です。野生で見られる場所は何か所か知っていますが、普通のハイキングコースで見ることができたら僥倖というしかないですね。(写真は高山植物園のもの。)
 
 

今井通子と言えば

 投稿者:尼ヶ淵是閑  投稿日:2017年 7月16日(日)05時07分38秒
  35年くらい前に「現代の冒険」というテーマで彼女にインタビューしたことがある(↓)。
同じシリーズでは東京駅の八重洲地下街で植村直己にも話を聞いたのだが
考えてみれば当時のおいらの山歴と言えば太郎山と烏帽子岳と独鈷山の上田盆地三山だけ。
盲蛇に怖じずの譬え通り天下の登山家たちを相手に
生意気な山問答を繰り広げたのは今もって恥じ入るばかりだが
後年、松本勤務となって常念岳を皮切りに北アルプスに取り付いてわが山歴がスタートし
さらに50代半ばに至って松本で登山用品店を開いた今井さんの夫君にアドバイスをいただいて
中国青蔵高原への未踏峰に挑む登山隊の随行記者に抜擢されたのも
会社の人間どもがその昔のおいらのインタビュー記事を記憶にとどめていてくれたからだろう。
通子亭主のカモシカスポーツにて会社経費で購入した高価な高所用の登山靴は
われらが未踏峰では所有者が一度も使用する機会なく
ズック靴のようなものしか持っていなかったチベット人ガイドの専用物のように扱われ
初登頂後は彼が靴のわが名を消しているという情報を得て大慌てで取り返した覚えがある。
その靴の初使用はそれから5年後の、上田で入った植村直己の名を冠した山の会の初山行で
青木村の子檀岳の残雪と濡れ落ち葉でやたら滑る登山道にて悪戦苦闘したきり。
それを今年久しぶりに取り出してみたらソールが経年劣化ですっかり傷んでおり
それでも思のい出の靴だからと大枚はたいて張り直しました。
さあ、この靴で、次はどこ行こうと思うこのごろであります。
 

Eiger アイガー

 投稿者:ToMo  投稿日:2017年 7月14日(金)15時33分22秒
   スイスでは松本市と姉妹都市のグリンデルワルト村の山岳鉄道の駅から徒歩1分の安い三ツ星ホテルBernerhohに9泊しました。事前の予報ほどひどくはありませんでしたが、最初の1週間は一日のどこかで必ず雨が降るありさまでした。特に今月は1日の夜明けから2日の夕刻まで降りっぱなし。季節は初夏から盛夏へ向かっているというのに、標高3970mのアイガーは日に日に雪化粧を濃くしていきました。
 写真1枚目は、ホテルの部屋のベランダから眺めたアイガーの全景です。左手は東稜、山頂直下の三角の岩壁が、1800mに及ぶ北壁です。槇有恒さんは東山稜から、今井通子さんは北壁からの登頂に成功しています。
 2枚目はグローセ・シャイデックから眺めたアイガー(右端)。左に覗いているのは4107mのメンヒです。好天の日でしたがハイキングの後で雨に降られました。
 3枚めはアイガーの夜景、手持ち撮影なので完全に手振れしています。左上の明るいのは月、その右方向の稜線上に見えるのは槇有恒さんが登頂に協力してくれたグリンデルワルト村に感謝して寄贈した山小屋の灯です。右手山腹に見えるのはユングフラウ鉄道のアイガーヴァント(北壁)駅から漏れる光です。いくつか星も輝いていました。
 しばらく、山や花の姿をお届けします。
 

レンタル掲示板
/87