teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


田村町教会

 投稿者:  投稿日:2017年 2月26日(日)20時38分19秒
編集済
  日曜日。田村町キリスト教会の、礼拝に参加゜午前いっぱい。賛美
礼拝。祈祷。お説教の、終わった後、教会の兄弟姉妹の、近況報告がありました。中でも、私に、精神的に、きついのは、唐渡牧師さんが、教会の牧師で、居られるのは、三月いっぱい。三月末には、引退されます。牧師先生が、引退されたら、教会で、無料で、貸して貰っている、印刷機械、どうなるのやらーーー。ともかく、一日 一日、進むだけ。
 三豊市の山本さんに、ボランテイア保険の、参加、したい気持ち、聴きました。
 明日は、私の休日。 二月28日。身体障碍者の「詩と絵本」受付。

返信 必要
川島順子  松本陽子 宮脇先生  
 
 

大いなる遺産

 投稿者:  投稿日:2017年 2月25日(土)17時29分40秒
編集済
  思い立って。1946年の映画を。DVDで゜見る。「大いなる遺産」思った通り、パリ。描かれていました。ヒロインのエステラが、ラストは、パリて゜、幸福な結婚式生活、過ごしているもの、そう思っていた、男性ピップが、遠い少年次代゜。思い出、いっぱいある、古い屋敷に、来てみれば、なんと、結婚を破断された、失意のヒロインが、古い屋敷の「主人」に、なつている。
 詳細に語れば、切りがないけれども、予想した通り。「大いなる遺産」には。パリ、絵が描けていました。

午後五時。遅い時間だけれど、20分くらい、家の、まわりを、散歩、いつもはご夫妻で、犬と、散歩している人が、なぜか、今日は、奥さんだけが、犬と散歩していた。概して、女性の方が、多く、犬と
、散歩していた。

 柳本さん、寒いのに、自転車で、勤務から、戻っていた、

 家内が、高木さんの「お見舞い」に、高松病院に、。行って、留守の間 、少し。古い写真、見ていたら、大川さんのおくさんが、電気に、あたりにきた。もう、家内、帰ってくるかな。さんぽしていた、私が、家に入るのと、同時に、家内も、戻ってきた。
 

悪いかなあ

 投稿者:  投稿日:2017年 2月25日(土)09時33分47秒
編集済
  なぜか。毎日、使っている日記帳。この三日間。行方不明なり。机の周辺より、遠くにあることなど、そんなことないので、三日間、机の近く、探しているが、不明なり。三月24日。東京より、金さん。私の家に「取材」に、来てくれるーーそのこと。三月の湯定表。書きたいけれど。肝心の日記ノートが不明。 まあ゜、良いか。そのうちに、ひょっこり、出てくるよ。

 今日は、土曜日なり・
 明日は、田村町キリスト教会へ、礼拝参加の予定。
 今日は。少し
疲れあり。
 昨夜。遅く、「原爆被害者の会 野本さんの原稿゜清書。」 今日は、少し、心身ともに、休みたいけれど、悪いかなあ゜?
 

石油ストーブの石油

 投稿者:  投稿日:2017年 2月24日(金)18時14分44秒
編集済
  朝。石油ストーブが、消えているので、とにかく、石油ストーブの、タンクに、石油。満たした。ポリ容器に、少し、石油、残っている~その容器で、石油、買いに行った。
 容器に、残量、ある上に、18リットル。買ったもので、少し、溢れた。
 朝、かなり、寒かったけれど、とにかく、 家庭の大切な、用事。ひとつ、終えました。今日、午前、たったこれだけの、体の動きである。寝たきりに、ほぼ、近い。

 手紙。三人に書き、郵便局
、ポストに、投函。
 午後五時ころ。約、15分。歩く。夕食の゜途中。電話あり。東京の、ハンセン病史料館の「金」さん。なぜか、来月の23日。会ってくれる。お役に立つ、話。あるのかなあー
 ほとんど、体、動かない一日。
 

今、電話あり

 投稿者:  投稿日:2017年 2月23日(木)21時58分22秒
編集済
  こんな遅い時間。もう、寝ようと思っていたら、電話あり。
堺市より。在日の方、一人が、、喜田さんに、ぜひとも、会いたいとのこと。三月中旬ごろ。

本日 手紙
中井 裕子   藤塚町 1-9-5     760-0071

阜 俶子    太田下町  1766-16   781-8072
野本 賢 聡  坂出市 西之町 1654    762-0021
 

原稿用紙 五枚

 投稿者:  投稿日:2017年 2月23日(木)16時47分46秒
編集済
  今日は―、東京のユーテ読者より
郵送されてきた、原稿一遍ー清書した。原稿用紙。五枚
。かなりの長編だが、同じ意味の言葉が、たくさんあって、一部、省略。

 さらに。二月二十八日。身体障碍者の「絵と文」展示会のー「受付゜」頼まれる。

 人間。高年齢になれば、雑用ー。次から次とー頼まれ、ますます、多忙になる。今日の原稿も、今日、清書する必要もなくー、明日でも、良いけれど、たくさんの原稿清書
あるので、一日でも、早く、作業は、゜進めておかなくては、ならない。それにしても、せっかく清書。済ませているのに、忽然―清書済みの原稿。消滅するのが。痛い。時間が、もったいない。そうはいっても、原稿、清書していても、消えて、なくなれば、また、キーボード。打ち直し、しなければ、ならない。
 

洗濯 原稿1人だけ

 投稿者:  投稿日:2017年 2月22日(水)17時12分2秒
編集済
  結局、今日の私に。出来たのは。私物の千だく。竿に干して。曇天なの,で、たいして。乾燥しなくて、乾燥機に入れる。
後。坂出の大埜さんの、原稿。原文は、支離滅裂。しかし、二人の子ども、亡くしている無念。わかります。それを、一ページ分の、原稿にして、「これで、良いですか」見てもらうために、ポストに入れる。
 足は痛いけれど。~二十分  散歩。
 帰宅すれは、「ユーテ 三月号 届きました~ユーテ三月号。だたですか?」メール四人。この四人に、みんな、返信を送る。それと、家内に頼まれて「大根おろし」

 少し、休みたい。
 今日。届いた原稿。長編。五枚。

 すでに。届いている原稿。・三人・それに。例会報告も、私の担当。やるべき事。大変に、多い。
 

何から、[―手を、つけるべきか

 投稿者:  投稿日:2017年 2月22日(水)10時38分28秒
  朝食。終わったけれど、何から手を、つけるべきか
迷う。
「原稿清書」「大西さんがパソコ指導に
クルノデ、スコシ、机
かたずけ」「中井裕子さん、手紙返信」「洗濯物
干す」まず「洗濯物を干した」家内は、゜毎週水曜日。町内の「居場所作りに参加、」
 

お粥

 投稿者:  投稿日:2017年 2月21日(火)21時34分7秒
編集済
  偶然・夜のテレビ。見ていたら、お粥の十徳が、説明されて、居ました。
お粥には、たくさんの゜「徳」あります>
その中でも、声が、さわやかになる、私には、有り難い話です。
 私は、なぜか、講演依頼、ときどきあります。中でも、先日の、空襲/戦災都市の研修会とか、上高野小学校では、講演直後の「校長先生」「主催の長崎市」などの
言葉によれば、「喜田さんの声が、良い。後ろの方まで、よく聞こえる」そのように、言ってくれました。
 私は、少年時代。毎日、お粥、だったのと、今でも、たまに、お粥、食べています。
 

今。ユーテ三月号 発送

 投稿者:  投稿日:2017年 2月20日(月)11時39分41秒
編集済
  たいへん遅くなってしまいました。たった今
ユーテ三月号 発送しました。

本来ならば、
三月の例会。18日。終って、帰宅すれば、すぐ、発送しなければ、ならないのに、その日は
疲労感、強くて、
クロネコのシール。張っただけで、終わりました。
 ゜明けて、19日。日曜日は。田村町キリスト教会の、礼拝、参加して、


午後は。創価学会。どちらも、義理にて、参加。

 ようやく。本日。二十日。朝 ユーテ三月号、発送

くもつていましたが・雨が、降り始めました。雨の中ですが、
むすめが、どこかの、気の利いた「食堂」へ。昼ごはん。食べに行こう~言ってくれている時間ーー十二時。かろうじて、間にあいました。

 午後二時頃
いえに帰りましたが、本格的な、雨になりました。
 

レンタル掲示板
/37