teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


私の「女将」

 投稿者:妙子  投稿日:2017年 8月17日(木)03時39分45秒
返信・引用
  本当は1時半くらいには投稿したかったのですが色々考えていたらこんな時間になってました。
もう近所の鶏が鳴いてます、、朝が近づいている、、、。
でも今くらいの時間帯じゃないと書けないというか、語るの恥ずかしい内容だな~~と思ったので勢いで投稿します。
私のなかでの「女将」という存在について、この場を借りて語らせてください。
あ、あと掲示板の順番もぶち壊してますごめんなさい!


私にとってずっと「女将」は、キラキラしていて、いるだけで場が盛り上がって、その明るさでどんどんみんなを引っ張っていける存在でした。
私が1年生の時のあいぼん先輩、2年生の時のあさきゃん先輩はまさにその言葉を具現化したような女子主将で、女将ってこういうものだし、「そうあるべき」だとずっと思っていたんです。
そういう女将になりたくて、2年生の夏、女将に立候補することを決めました。
あいぼん先輩とあさきゃん先輩は本当に私の憧れで、先輩方みたいにチームを競技面でも精神面でもガンガン引っ張って行きたいと思っていましたし、女将として、主将がチームを作り上げる手助けをしたいと思っていました。
国大の女子は人数が少ない分1人1人の存在がお互いにとって大きく、お互いがお互いを心の支えにしているし、学年を越えてもその繋がりが深いです。
女子チームはいつも明るくて楽しくて、どんなに落ち込んでても女部に行けば自然と笑顔になれるので、仲間の存在って大きいなあと私はこの2年間ずっと思っていました。
そんな女子ならではの雰囲気を守りたくて、女将になったあとも陸上部にいる時は出来るだけ明るくいようと努めていましたが、関カレの前あたりからその行動と自分の気持ちにズレが生じるようになりました。

私の近しい存在の人、与絵、由布子、友哉、あと菫と麗あたりは特によく知っていると思いますが、本当は私、ものすっっっごいネガティブな部分が多いんです。
全然自分に自信ないしすぐ泣くし、自分でも「えっそんな些細なことで!?」ってびっくりするくらいちょっとしたことでへこむことが本っ当に多々あります。
本当は関カレ前、関カレが不安で不安で仕方なくて、戦いに行ける状態じゃないことにもどこか頭の片隅で気が付いていました。
でも、部には部の目標が、女子チームには女子チームの目標があって、チーム全体が関カレに向かってどんどん士気を上げているなか、女将の私が不安そうな顔というか、そのムードに水を差すような素ぶりを見せたくなかったんです。
壮行会では明るいことしか言いませんでした。みんなでならきっと出来る、絶対に目標達成します、、、。

関カレが終わって、女子の何人かと話をしましたが、私と同様、関カレを目前にして走ることが不安になったり、自信が喪失してしまった選手が何人もいました。
その話を聞いた時、どうして関カレ前に、この人たちが一番辛かった時に、それに気が付いてあげられなかったのかなと後悔しました。
楽しいとか嬉しいとか、そういう感情はもちろん、悲しかったり悩んだり、不安に思うマイナスの感情まで共有できたら、誰かに話して前を向けたら、もう少し結果は変わっていたのかなと思いました。あくまでたらればなので、選ばなかった道の先に何があったかは一生わかりませんが。

女子チームのみんなといる時は明るく振る舞わなきゃ、笑顔でいなきゃ、常に楽しく、常に明るく!
私が作り出したそんな雰囲気のなかで、自分の不安を隠して無理して笑ってくれていた人がいたんじゃないかなあとずっとずっと考えていました。

少し前にこの話を与絵にした時、たえちゃんは前に立ってガンガン引っ張っていくタイプじゃなくて、たえちゃんの良いところは人の気持ちに共感できるところだと思う、と言われました。
先頭に立って女子全員を引っ張りあげてチームを強くするのがあさきゃん先輩達なら、私は人の悩みや不安に共感して、その不安をなくすことで結果的に、チーム全体の底上げをするタイプだと。(ごめん与絵あの時感動してジーンとしてたから一言一句思い出せないや、めっちゃ記憶美化してたら笑ってね笑)

与絵にそう言ってもらえた時、その言葉がストンと自分に落ちてきて、人が10人いたら10人それぞれにそれぞれの性格があるように、一言「女将」と言っても女将にもその人らしさがあり、私が今までしてきたことは憧れてきた先輩方の真似っこだったんだと気が付きました。
誰にでも出来ることと出来ないことがあります。先輩方のような女将になれなくて、悔しくて、なんで自分ってこうなんだろうと思った日もありましたが、今は出来ないことを幾ら思い悩んだって仕方がないから、いつまでもくよくよと悩まず、自分に出来ることに目を向けて尽力していこうと思えるようになりました。

では、私らしい女将って何なのか?
今私が至った結論は、チームメイトひとりひとりの気持ちに寄り添いながら、一緒に上を目指したり前を向ける存在です。
嬉しいことがあったら一緒に喜びたいし、悩んだり悲しいことがあったら話して楽になって欲しい。
切磋琢磨し合いながら、ほんの少しでも成長したならそれを認め合って積み重ねていきたい。
幹部ももう残すところあと2ヶ月程度で、自分が本当になりたい女将を見つけるまでにこんなに時間がかかってしまいましたが、でもその時間は決して無駄ではなかったと信じています。
要領は悪いし気の利いたことは言えないし、主将の補佐だってほとんどというか全く出来なかったし、私がいようがいまいが幹部会に実務的な影響はなかったよね。幹部のみんな本当にいつもありがとう。
私にできないことができるみんなのことを心から尊敬してるし、感謝してます!


2年生、幹部についてものすっごく悩むよね。
ちらほら何人かから話を聞きながら、幹部について、今のチームについて、一人一人がものすごく考えてくれているんだなあと感じます。
友哉やあさきゃん先輩が跳躍掲示板に書いていた選択の話じゃないけれど、自分が選ばなかった方の道の先に何があるかは一生わかりっこないし、なら選んだ方の道を何とかして自分で正解にするしか私たちにできることはないと思います。
自分がした選択を正解にできるのは自分だけだし、こうしたい・こうなりたいという強い気持ちがあるなら、それは周りに伝えるべきだし、行動に移すべきだと思います!
あとで振り返った時に自分が後悔しない選択をしてください。


あ、あと最後に、先生がいつしか「学ぶことは感動することだ」と仰っていて、その言葉に感銘を受けたので練習中に感動した場面を記憶しておくようにしました。
あんなに長い距離走るのが嫌いだったよしのりが浩大先輩と250走って2本目も意地で譲らなかったり、(これは集合でも何度も話しましたが)おさむが短距離ブロック全体が強くなることを考えてメニューに意見を言ってきてくれたり、夏合宿では怪我や試験勉強でほとんど練習を積んでこられなかった僚太先輩と友哉が顔真っ青にしながらも全力でつっこんで競り合ってたり、小レスト中にまどかが泣きながらもスタートラインに戻ってたり、気をつけて見ていると毎日何かしらその人の熱意や頑張りに心を打たれる瞬間がありました。
意地でも譲らないとか負けないとか、何が何でも走りきってみせるとか、そういったチームメイトの気概に触れるとこっちまでドキドキするし応援したくなるし、もっと頑張ろうって思えます。
チームで陸上やっててよかったな、このチームで勝ちたいなと私が思う瞬間です。
4年生とM2の先輩方の引退試合が徐々に近づいているなんでまだまだ信じられませんが、これからの大きな対校戦に向けて、さらに全員で限界突破していきたいですね。
精華。
 
 

合宿行きたかったな

 投稿者:渡辺か  投稿日:2017年 8月 7日(月)22時01分0秒
返信・引用
  皆さん合宿楽しんでますか?
中だるみになるであろう3日目に合わせて掲示板書こううかなと結構前から企んでました(^^)(嘘ですごめんなさい)
僕は最近、教員採用試験の二次試験対策として面接などの練習を行なっています。
これを機に、「何故自分は教師になりたいのか…」「何故川崎市でやりたいのか…」などを今一度考えてその決意をより固いものにしている最中でもあります。
自分にとっては川崎市で先生やりたいというのは、中学生くらいからずっとそうなりたいと考えていたので、ある意味では当たり前のこと過ぎて、改めて「なんで?」を考えてみようとしても難しいなと思います。

皆さんも似たような気持ちになることがあるんじゃないかと思います!
「なんで陸上競技やってるの?何のために?」
「なんで大学生になったの?」
アンパンマン先生はこう仰ってます。
『なんのために生まれて、何をして生きるのか…
答えられないなんて、そんなのは嫌だ。』
実際は、必ずしも答えられなくてはいけない事では無いかもしれません。しかし、自分の中にその答えがあることで、その「している事」をより本気になれるきっかけに繋がる事もあるかなと僕は思います。

「好きだから」「夢があるから」それだけでも理由は十分です。でも、その先の「〇〇だから好き」「〇〇という目標があるから〇〇」といった、より根本的な部分も考えられると…良いことがあるかもしれませんね!←語彙力

アンパンマン先生はこうも言ってます。
『何が君の幸せ?何をして喜ぶ?
分からないまま終わる、そんなのは嫌だ。』
どうせなら人生楽しく、幸せに過ごしたいですよね~
でもそれには、どうすれば幸せになれるか知っておくと良いかなと思うんです。

僕は最近、「陸上やってて良かった!」「院に進学して良かった!」と本気で思えることを経験しました。
それは他の人にとってはちっぽけな事かもしれません。しかし自分がそれで幸せなら、それで良いかなと思います。笑

最後に、合宿って心身共にストイックな状態になってて、上に挙げてきたような変態チックな考えがポンポン頭に浮かぶ機会でもあるかなと思います。
今一度、なんのために自分がそこにいるのかを考えてみるのはいかがでしょうか(^^)?

合宿後半戦怪我ないように気をつけて頑張ってください。
明日は実技と面接の練習してきます(o_o)…では
 

日中失礼します

 投稿者:矢口  投稿日:2017年 8月 5日(土)15時17分35秒
返信・引用
  順番前後してすみません、テスト前何て書こうか悩んでたらいつのまにか数日経ってました。先に言っとくと、今回僕は合宿行けないので今日から五日間頑張ってください。

(とりあえず書き連ねるので文章になってなかったら読み飛ばしてください)
触れたくないんですが先日国士舘競技会で100に出てきました。個人的には、全然走れなかった去年に比べ今年はちゃんと走れてたし、腰と話し合いながら(?)練習してきたつもりでいました。しかし結果はあれでした。正直走ってるときは11”6くらいの感覚だったので終わった直後はなんというかもう思考が停止しました。後から考えてみましたが、春合宿の初SDからタイム伸びてないし(むしろ落ちてる)、国士舘で走り終わった後のダウンは足に力が入らずフラフラしてたしそりゃ四月からタイム落ちるわっていう感じです。こうなった原因は、もしかしたら強い人ばかりに囲まれてる生活をしてるうちに自分も強い人だと錯覚してたからかもしれません。それでそういえば自分は雑魚だったと思い出しました、雑魚はちゃんと練習積まないと速くなれません(SDのタイム落ちたのも距離を走る練習をできてなかったからだと思います)。ですが僕は腰痛持ちなのでちゃんと練習積めません。なので今年の夏休み以降はもっとギリギリを攻めて練習してこうと思いますがそれでも限界はあります。限界以上の練習が出来ないし今までもちゃんと練習出来てた方だと思うので正直これからどうすればいいかよくわかりません。一応ストライド型なのでSDを週一にしてマーカー走と本練をちゃんとやろうかなとか考えてますが、うーん

書き終わって思いましたが、こんな自分でもまだ陸上に対する熱があるんだなと、ある意味感心しました^_^
 

渡辺さん先書きますね!

 投稿者:  投稿日:2017年 8月 4日(金)21時51分37秒
返信・引用
  こんばんは!ついに明日から合宿ですね!!
私はみんなと一緒にご飯食べたり、寝たり出来るのがめちゃくちゃ嬉しいです笑
春合宿の時は雰囲気に慣れたりするのに精一杯でしたが、今回はしっかり何かを掴んで帰りたいと思ってます!
最近は全然体が戻らなくて苦しい時期から抜け出せそうな予感がしてた時にまたどん底に突き落とされて結構メンタルきてますが、粘り強く頑張りたいと思います。
そこで、今回の合宿の目標は自分に"変化"をもたらすことです。 テストが終わってようやく陸上に集中できるので、もう一度陸上に気持ちを持っていってシーズン後半戦、こっから挽回するぞ!やってやるぞ!まだまだいける!と強く思えるようにします!
ちょっと荷造り進んでないので、この辺で失礼します。
5日間頑張りましょう!前進!!!
 

花火みたいな、スイカも食べたいな・・・。

 投稿者:山崎  投稿日:2017年 7月31日(月)21時04分16秒
返信・引用
  こんばんは! 今日で7月が終わりますね!明日から8月!夏休み!
の前にテスト!ですが、さすが学教体育科。らくsy・・・。以下略(理工の人すみません)


関東インカレが終わって、早2か月経ちましたね。皆さんあの時の気持ち忘れてないですか?
すごくいい経験をしたと思うので、あの時の気持ちを大事にしていきたいですね。
僕はというと、関東インカレが始まる少し前位から陸上をやり始めた感じですかね?それまでの陸上に対する姿勢から大きく変わりました。ちょっと高校生に戻った気分です。


目まぐるしい成長を遂げているんじゃないかと自分で思っています。
まぁ、でもその成長というのがいい方向に働いているのか、はたまた全く違う方向に走っちゃっているのかは終点に行かなきゃわからないんですけれども。終点にたどり着けないのが陸上なんですけどね。難しいです。
最近は色々試行錯誤しすぎて、自分の中でも結論がぶれまくりなので、ただでさえ文章が書けない自分の頭の悪さが露呈するので割愛しますが、とりあえずいいんじゃない?という手ごたえは感じながら練習を行えています!

もちろん練習内容や感覚をつかむための練習は自分で考えているのですが、どうしても自分の世界だけで陸上をやってしまうので、なんでもいいのでアドバイスをください!
つぼみん先輩とか久保とかじゅんじゅん先輩とか、ぼそっと言ってどっか行っちゃうんですけどもっと詳しく教えてほしいです。

昨日の試合で学んで今自分にとってホットワードなのが、「練習の再現性」です。
はい、試合で勝てない人の醜い言い訳です。わかってはいますが、この悩み少し聞いて下さい。
どういうわけか、練習でできる動きが試合でできません。今日、渡辺さんに話したのですが同じ悩みを持っていたのでびっくりしました。笑
試合数を重ねれば、いけるのでは?という意見も考えられるのですが、何本もくそみたいなタイムで走りたくないので早めに解決したいところです。
なんでもいいのでアドバイス待ってます!!

合宿までもうすぐですね。臨海実習と被ってしまって2年生の体育科は途中参加になってしまうのですが、怪我なく終わったときに充実してたなぁと思えるような合宿になるように楽しんでいきましょう!
 

はじめまして

 投稿者:谷田晴信  投稿日:2017年 7月30日(日)21時03分40秒
返信・引用
  こんばんは。大会に出場された方達はお疲れ様でした。自分はデビュー戦が待ち遠しいです…。
入部当初と比べたらもうほとんど二度見されることはなくなったのですが、一応自己紹介します。

名前:谷田晴信(やたはるのぶ)
学部:理工学部
出身:栃木高校(←「男子校?」っていう的確な質問をよくされるんですが、たしかに男子がかなり多かったような…)

自己紹介はここまでにして、初投稿なのでまずはこの部活に入った理由から話そうかなって思います。僕は陸上は高校でやめて大学から違うスポーツ始めようかなって思ってたんですけど、どの部活を見学してもしっくりこなくて、そんな中陸上部の見学に来て、すんごく楽しそうに練習してて、それでやっぱ続けようって思いました。やっぱり何事も楽しいって感じられることが大切なんじゃないかなって。

その後は入る時期に悩んでたんですが、5月の頭に部活にいった時にそこでおさむ先輩に6月からでいいんじゃない?って言っていただいて、すんごく気持ちが楽になったのを覚えてます。(おさむ先輩は忘れちゃったかもしれないけど…)その1ヶ月間はモチベーションとかいろいろ準備できたいい期間だったと思っています。アドバイスありがとうございました!

深イイ話はここまでにして、、、正直もうちょっと早く体が戻るかなって思ってたんですけど、戻らないままもうかれこれ2ヶ月が経ってしまいました。やっぱり若さが足りないですね。笑 1週間後には合宿もあるのでそこでは充実した練習ができるように全員で頑張りましょう!!!!!

まとまりがない上に長くなっちゃってすみません^^;
おやすみなさい。
 

バランス

 投稿者:藤谷  投稿日:2017年 7月25日(火)23時57分14秒
返信・引用
  こんばんは!
とうとう梅雨明けして本格的に暑い夏が始まりました!自分は関東のジメジメして蒸し暑い夏がとても苦手で早く秋になって欲しいと願うばかりです…


自分は関カレ以降怪我で6月いっぱいはほとんど走らず補強の日々を送り、7月の地元での県選に出場してきました。練習も調整もろくにできずに迎えましたが、思ったよりタイムは落ちていませんでした。この結果でただ闇雲に走ったり、筋トレしたりしていちゃ駄目だと痛感して、最近は質と量のバランスを考えながらやっています。この部では量自体はそこまでやらずとことん質を一本一本に求めていくというタイプの人が多いような気がします。でも自分は陸上を始めてから今までずっと量をある程度やりながらも質を落とさないようにして平均的な質を上げるという意識で練習をしていました。疲れてきたりすると手足の動きの連動がバラバラになったりうまく地面に力を伝えられないようになるんですが、そこで普段意識していることが崩れないように意識することで疲れていない時は自然と無意識に自分のしたい動きができるようになるというスタイルでやってきていました。しかし、国大のグラウンドコンディション、一人暮らしなとによる練習以外での疲労、生活リズムとか考えていくとこのやり方が自分にとって適切なのかという壁にぶち当たりました。今でもこれに対して新たな考えは浮かんでいません。先輩方に聞いてみて、~してみろとか~できるようにしなきゃとかはよく言われるのですが体にピンと合うイメージが出てこないというのが現状です。

先輩方のように一本の質を思い切り高めることができるようになることは試合の一本への取り組みにも必要ですし、練習にも必要ですが、だからといって3本中2本しかまともに走れないだと意味がないような気がするし、試合で一日3本走る機会があったときに3本目がグダグダになって痛い目を見る気がします。いまはとりあえず量と質が上手く噛み合う点、つまり怪我を絶対にしないかつ体に適度な疲労とタイムにつながる感覚を身につけられる点を探して、自分なりの適度な練習量、走る時の手や足の感覚、一本一本にかける強度や質を見つけて行きたいです!
 

それでもアイスはおいしい

 投稿者:弘田  投稿日:2017年 7月23日(日)19時39分44秒
返信・引用
  こんにちは!

夏バテは絶対しないぞ!と意気込んでいたのですが、やはり冷たいものが美味しく感じて、ついつい飲みすぎたり食べすぎたりしてしまいます。気をつけなきゃ…


さて、私は最近「より丁寧に走る」ということを意識して練習しています。

4~6月はどちらかというとコンスタントに練習が積めてきて、去年の今頃はケガが怖くてスピードを出し切れなかった60m等の短い距離も「走れてきているのかな」と手応えを感じました。
ですが、その手応えを感じたのは150mまでの距離で、200mとか250mのタイムや内容に関してはあまり成長できていない気がするんですよね。

7月に入ってから2週間ほど練習に集中できる期間があったので、メニューへの取り組み方について見直しましたが、その中で「短い距離を走る時よりも1層丁寧に、1歩1歩テンポよく走る」と意識を持っていくようにしたら苦手な距離でもスムーズに走れる感覚をちょっとだけ得ました。早く感覚を自分のものにしたい。まずは練習がんばります!


今日の国士舘の200ではタイムはあまり芳しくなかったですが、内容に関してはイメージ通り走れたし、成長を感じた部分もあったので前向きに400、ヨンパーに繋げられるようにします!


長文失礼しました。
あ、、、、マイル全カレ標準うれしい!!!!走ったメンバーのみなさんおつかれさまでした(^ ^)
 

梅雨明けた!!!

 投稿者:樋口  投稿日:2017年 7月19日(水)21時42分22秒
返信・引用
  こんばんは。

相変わらず練習量は不足してますが、最近ハマったことがあります!
足の運びです。
足が流れて地面を蹴ってしまうのを直そうとした時に
「蹴らない」ように意識するのではなくて、地面に足が接地する時に力を入れて、その後は「使わない」ように考え方を変えてみました。
今までのような余計な力みがなくなったり、自然と意識が次の足へどんどん移っていって、前捌きが分かるようになってきました。

おさむに教えてもらったのですが、感動してます。おさむありがとう!

今週末は国士舘出る人たくさんいると思います。私も二種目出ます。
何か掴んでこれるといいな

前進!
 

日差し強すぎー日焼け痛すぎー

 投稿者:中野彬徳  投稿日:2017年 7月16日(日)14時08分13秒
返信・引用
  こんにちはー!肩の日焼けがTシャツに擦れて痛い中野です。

 まずは(ブロ長の立場から)掲示板についてちょっとだけ書かせてもらいます。わりと書くのが〝いい意味で”めんどくさい掲示板ですが、書くとなんといいことがあります!!
それはー...『思考の言語化の練習になる』ということです!自分の考えとか無意識にやっていること、自分の感覚を言葉にするのは結構大変なことです。(だから掲示板を書くのがめんどくさくなりがち)漠然とした考えではそれを言葉にしにくく、表現できても雑なものになりがちです。そこで、漠然とした考えをより具体的にしなければならないません。この過程で、自分の考えを深め、今まで気づいていなかったことにも気づける機会になります。たぶん、走りの中で、わかってないけど動くってことより、わかっていて動かせるっていう方が、走りを洗練させていくという点では重要だと思います。
 ほかにも、考えを共有したりとか書くことで得られることはいっぱいあります!でも、なにもしないのに勝手にできるようになることはほぼありえません(笑)練習することでちょっとずつできるようになるものです。それをめんどくさいからといって、しないのはもったいないかなーと思ったり。

そこで、これから自分がブロ長をしている間は次の約束事を決めます!
○前の人が書いてから3日たっても次の人が書いていなかったら、そのまた次の人が書く。その人も3日間書かなかったら次の人へ
○書きたくない人、忙しくて書けそうにない人は次の人にパスしておっけー。ただし、次の人に書いていいよーと一言添えること
○順番関係なく書きたいことのある人はもちろん書いておっけー!
○前の人が書いた同じ日でも、レストの日でも、練習前でも時間にほぼ関係なく次の人が書いて全然おっけー(むしろ、練習後に書く方が大変だと思うんで)

はい、こんな感じでお願いします!また、順番がよくわかんなくなったら、中野が次書いてねーっていうようにしまーす。1人が何週間も止めちゃって、みんなの書く機会・回数が減っちゃうのはもったいないとおもうんで!


 掲示板のお話はこれにて終了!次に最近気づいたことをちょっと書きます。
それは、当たり前のレベルが一段階上がったかな?ということです。これは、速くなったから上がったのか、上がったから速くなったのかはよくわかりませんが、重要なのは気づいたってことです!
例えば、腕ふり。腕ふりって、身体のバランスを保つために振ってるんですよー!みなさん知ってましたか??笑 脚を大きく振り出す。そうすると身体が後ろにのけぞりそうになる。この時、体幹が腰が落ち、軸が、くの字に曲がらないようにキープする。そこで、うでふり!!腕をしっかり後ろに振ることで、のけぞりそうな身体を起こしておく。
はい、当たり前ですね。でも、自分はよく新しいことを始めて、それを吸収していくことが多いので、そんなあたりまえを体感して、気づいて、さらにそれを意識して無意識に行えるようにするってサイクルも必要なことかなーって思います。外からの情報だけでなく、内からの情報も吸収してもっと速く、そして、強くなるぞーー


 今シーズンの目標は、関甲信、26大では3冠、全カレでは100,200で決勝進出、4継は出場です!今のままではめちゃめちゃ高くて無謀かもしれないけど、夏を越えた自分は最強になってると信じ、目標達成に向けてて前進だああ!!!
 

レンタル掲示板
/66